2009年06月29日

[コンセプト]責任の分割と全体最適化

前回のコンセプトで、業務の効率化を図るためには責任を明確にすべきであるにもかからず、それが逆に全体の効率を落とす事があると言うことについて書きました。恐らくほとんどのSIerは薄々気が付いていても、この事を認めないか業務の分析が悪いからだと主張するでしょう。それがシステムにおける常識だからです。

しかし、私はある視点からすれば、責任の明確化が全体の効率を落とす原因になえるのは当然の事だと考えます。それは、責任を設定すると言う事は、解決しようとする目的を変えてしまうからです。つまり、全社的な利益確保よりも、各責任を果たすことが目的になってしまうと言う事です。

責任を果たす事を目的として考えれば、余剰人員が出ても、それは組織の内部に隠ぺいされます。いざという時に足りなければ責任問題になるからです。同様に、内部のフローも外部からは極力分からなくされます。変にいじられては、責任を果たせなくなる場合があるからです。こうして、徐々に防御的になり、組織そのものの生存本能のようなものが出来上がります。「組織は作るより壊す方が難しいものだ」と言われれば、思い当たる事も多いのではないでしょうか。

もともと、この「責任」は全体最適化を行うための便宜的なものでしかなく、それ自体に意味があるものではありません。また、世の中の流れ、マーケットにおける自社の位置付け、会社の規模や社員のレベル等などにより最適化の方法は異なるでしょう。小さい会社には小さい会社なりの戦い方があり、それに応じて社内を作る必要があるからです。つまり責任は適宜変更されなければならないのですが、それが困難ならば全体の効率を落としてしまうのは当然と言えます。

これに対する一つの対策として、組織としてのノウハウを全てシステムに落とし込むというものがあります。大規模なコールセンターのシステムなどはその典型でしょう。この場合、組織としての暗黙の知識がないため、組織を壊すのも簡単になります。ただこの方法は、ある程度大規模で事業全体におけるシステムコストが低くないと成功しません。また、そうした環境で社員が前向きに仕事に取り組めるのかという疑問もあります。コールセンター的なシステムで、OA機器などの営業をしている会社もありますが、総じて在籍期間は短いようで、一般的なモデルになりそうも無いというのが私の認識です。

作業を分担すれば、責任がついてまわるのは必然なのですが、こうした問題は不可避なのでしょうか。実のところ、こうした問題はプログラミングととてもよく似ています。ならば、同じような考えて対応できるのではないかと言うのが、私の考えです。この続きは、次回のコンセプトで書きたいと思います。


posted by Senoh at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コンセプト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30154798
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック