2009年07月06日

[コンセプト]経営とプログラミング

前回のコンセプトの続きです。

経営とは事業を続けることであると考えた時、一番重要なのは環境に合わせて変化することではないかと思います。これはパッケージのソフトウェアでも同様で、常に変化し続けていなければ、少なくとも商品としては価値が無くなります。変化が無くなれば、後続にキャッチアップされてしまい、単純な価格競争に陥ってしまうためです。

さて、ではソフトウェアを変化させ続けるにはどうすればよいのでしょうか。
明確なビジョンを持つことでしょうか?
新しい技術を導入することでしょうか?
もちろん、それらもあるでしょう。しかし一番重要なのは、身も蓋もない話ですが、そのソフトウェアのプログラムが書きかえられる様に出来ていることです。大概の場合、ビジョンや新しい技術を用意すること自体は難しくありません。問題は、それが実現できないと言うことなのです。
この事は経営においても、同じ事が言えると思います。

実現できないのは、プログラムが書きかえられなくなってしまうからです。
ではなぜ、プログラムは書きかえる事ができなくなってしまうのでしょうか。多くの場合、プログラムは何度も書き変えられる毎に、その影響範囲が読みにくくなります。影響範囲に不安があるため、変更するよりも外部にプログラムを追加して、対応することが増えます。その結果、同じような処理がいたるところに発生し、ますます可読性がなくなります。
すなわち、プログラムと言うものは、追加・変更する毎に徐々に変更できないものに変わってしまうものであると言う事です。

これも経営において同じことが言えると思います。
例えば、組織が硬直化し新規にやりたいことがあっても既存の組織では対応できず、新しい部署を起こしたが従来の業務と被る部分が多く、全体としてますます混乱してしまうと言った状況です。

では、どうすべきなのでしょうか?
その答えも、身も蓋もないものですが、プログラムを書き換えられるようにすればよいのです。続きは次回のコンセプトで書こうと思います。


posted by Senoh at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コンセプト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30331531
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック