2009年10月23日

[コンセプト]PDCAサイクルのあるべき姿

更新が不定期ですいません。

さて前回の話から明らかではあるのですが、PDCAで分析ができないのは、そもそもが分析すべき対象が存在しないからです。
つまり、PDCAは仮説検証のサイクルであるにも関わらず、仮説として設定されていないということです。
ならば話は簡単で、検証が可能なように仮説を設定するれば良いと言うことになります。

まず、目標は仮説になりません。
目標が不要であると言うのではなく、目標を達成できるように仮説を設定するのがマネージャーの仕事なのです。

こうした話になると、必ず今よりも広いマーケットを設定してという話が出がちですが、現実問題としてそれが上手く行ったという話はほとんど聞きません。
なぜならば、そうしたマーケットには強力な競合が既にいるか、そもそも需要がないからです。
こうした戦略が出来るのは、卓越したブランドを持っているか、業界トップの企業が周辺の領域へ進出するときぐらいでしょう。
要するに強者の戦略なのです。
世間の大半の企業にとっては関係がない話です。

では、製品力も価格もブランド力も何も差別化できていない場合はどうすべきでしょうか。
顧客が購入しているのが単純に製品そのものである場合は難しいのですが、大半の場合において顧客が求めているのは商品であり、商品とは製品+サービスです。
サービスは例えば支払方法であるとか、キャンセル可であるとか、相手が法人の場合は社内稟議の代筆など非常に幅広く考える事ができます。
明らかに自社製品が向かないが繋がりを維持したい場合は、あえて競合製品を推薦するというのも、サービスです。
つまり、マネージャーが設定すべき仮説は、目標を達成可能なサービスであると言うことになります。

と、ここまで書いてきましたが、大概の営業関係部署では大なり小なりこうした事をやっているはずです。
しかし、振り返ってみるとあまり変わり映えしないことを続けていると言うのも現実でしょう。
すなわち、こうした取り組みの結果が定着または積み重ねられていないと言う事です。
次回このあたりについて書きたいと思います。
posted by Senoh at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コンセプト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33125948
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック